メインイメージ画像

自分に合っている仕事を

働くことは国民の義務であって人生の大きな部分を占めるものだと思います。あなたが長年就いていた仕事が自分にぴったり合っていたなら、転職する必要はあまりないように思います。しかし、もしも自分にぴったりな仕事だとしても人間関係で苦労しているとかいう時や他の仕事が現在の仕事よりももっと自分に適合していると思う場合は転職するメリットがあるのではないかと思います。仕事をする場合、最初に大事だと感じるのは人間関係だと感じます。頑張っても良くならないような人間関係になってしまったら、転職するのもいいといえるでしょう。また、さらに自分に合っているのではと思う仕事に巡り合ったなら転職するのがいいですよね。

通常転職が決定し、退職することになったら、退職手続きとして退職願を書き提出しないといけません。退職願の書き方は職場によって、決まっている場合が普通です。基本的には、大事な書類ですから自筆できれいに心を込めて書くことが大切です。そして、必ず上司や管理職に手渡しで提出するのが賢い方法です。退職願は、縦書きのものが普通です。私が以前書いたものも、縦書きでした。大事な書類ですよね。そして受理されたら、上司のいうことにならってその他の書類を提出しましょう。

あなたが転職するときには、退職する時期を気にしてしまいますよね。現在までお世話になった職場には迷惑をかけることになるので、極力仕事が忙しくない時にしたいと考えるのはやまやまです。それを上の人に切り出すのも結構勇気がいるのです。そして、話した途端、機嫌を損ねてしまったらと思うと、なかなか言い出せないものです。しかし、切り出さないわけにはいかないですね。円満退職できるように誠意を尽くして話すといいですね。